卒業生の気持ち

2014年07月04日(金)

先日、寮に卒業生が2人来てくださいました。

11期生のMさんと、19期生のKさん。

私は寮で勤務させていただいているので、

外から見た芳澍を見たことがありません。

私の先輩や同期からも、

「芳澍は温室」とか、「芳澍は天国」

という言葉をよく聞きます。

そしてその日、今年卒業したKさんは、

「芳澍に戻りたい」と冗談まじり(?)で言いました。

私はやっぱりそう思うんだ…と心の中でつぶやきました。

私の芳澍生活はとにかく濃くて、充実していました。

勤務し始めて1か月目、Mさんからアドバイスをいただきました。

「芳澍卒業したら、時間がこんなにあっていいの?
って思うくらいあるから、不安になるかもね。
芳澍生のときが忙しかったからね。
やりたいこと見つけた方がいいかも。」

昨年の私は、時間に余裕があるのにしたいこともしなかったため、

何かしら考えては落ち込んでいました。

何も落ち込むような出来事はないのですが、

自分で勝手にどんどんと掘ってしまっていたのです。

アドバイスをいただいていたのにな・・・。

先日Mさんと話しているうちに、「直感」を大切にしようと思いました。

何でそう思ったのかはわからないことに。

いつもいつも直感に頼るわけではありませんが、

きっと誰かからのメッセージ!

自分に素直になろう!と思いました。