10月3日 月曜朝礼より①

2022年10月06日(木)

佼成10月号を拝読して 2年生Mさん(抜粋)

自分が描いている理想と全く同じように物事が進むわけでもないのに、勝手に期待し、思い通りにいかなかったら落ち込んで、の繰り返しが多いように感じます。自分勝手な思いや都合で物事や人を評価したり、価値判断をしたりせず、今、目の前にあるものごとを素直に受け止め、私自身にしかない智慧を生かしていきたいです。

これから芳澍祭に向けて準備をしていく中で、ひとりひとりがいいものにしたいからこそ、ぶつかることが多くなってくると思います。ぶつかったときに、自分の意見だけをひたすらにぶつけるのではなく、まずは相手の意見を聞く耳を持ち、相手の行動に怒りや不満を持ったのであれば、相手がなぜそのような行動をとったかという考えを知っていくことが私に必要だと感じました。自分のことも周りのこともバランスよく見れるように今月は頑張りたいです。