命の授業

2014年07月15日(火)

皆様、こんにちは。
本日は、大聖堂で盂蘭盆会の式典が行われています。そして私事ですが、叔父が急逝して、今日でちょうど2カ月が経ちました。

叔父さんが逝った日、あまりにも突然過ぎる死に、ただただ、信じられないそんな気持ちでおりました。通夜の前に、棺の中に眠る叔父さんと会いました。怪我もなく、きれいな顔でした。
 
でも、遺影をみたら、困ったような混乱したような、曇り顔に見えました。通夜の席、ふと、ある言葉が浮かびました。

  「人は死ぬとき、残される者に、命がけで何かを伝えていくんだよ。
   だから、残される者は、全力でそれを学ぶんだ。全力で、受け取るんだよ。」

 そう教えてもらったことを、思い出しました。
  (ああ、そうか。今がそのときなんだ・・・。)

涙をこすって、遺影をじーっと見ていたら、明日、生きている保証はない。「今」しか、ないんだよ。そんなことを感じました。

当たり前のことだけれども、忘れてしまう。
明日もあるものだと、勝手に思ってしまっているけれど、いつ、死ぬかだなんて、分からないのですよね。他にもいっぱい思ったことはありましたが、一番感じたのは、そのことでした。 

・・・・おじさんが伝えたいこと、受け取れてるかな?
告別式、初七日が終わった後の叔父さんの遺影は、少しだけ明るい表情になっているように見えました。今日は他のご先祖様たちと一緒に、自宅でゆっくり過ごしているのでしょうか(^^)

お読みいただき、ありがとうございました!