母の背中

2014年08月12日(火)

皆さんこんにちは
どんな夏をお過ごしでしょうか?

7日に発生した台風11号
ジワジワと北上し、10日には日本列島を横断していきました。
その上、しばらくぶりで聞く緊急地震速報

そんな10日に実家の母が一週間ほど我が家に来ました。
大正12年生まれの満91歳
普段は埼玉にいる兄夫婦と生活しているのですが
年に2,3回我が家で過ごしてもらっています。

背中は丸くなり、耳がかなり遠く、多少の物忘れはありますが、
それ以外はいたって元気。
食欲もあり、よく眠れる様ですし
自分の身の回りのことは自分でしっかりします。
毎日のお風呂の時に,自分のものはせっせと手洗いします。
洗濯機に入れておいてくれれば良いのにと思いますが
気がつくと干してあります。
朝夕のご供養もけっして欠かさず、
時に夕方は2回もあげていたり・・・・・
見習わないといけないなあと思います。
そして、一番お手本にしなければならないのは、
愚痴を言わず、不満や泣き言もいわず、
「お陰さまだのう~」「ありがいのう~」(のう~は方言)
と、感謝の言葉がくり返しくり返し出てくること。

私も90歳まで寿命があるか分かりませんが、
母の丸くなった背中を見ながら
親はこうして幾つになっても子どもに
生き方を教えてくれているのだと思いました。
                          合掌