芳澍女学院情報国際専門学校
〒166-0012
東京都杉並区和田1-3-20
Tel.03-5340-2700
Fax.03-5340-2710

アクセスマップはこちら
 
トップページ>芳澍ブログ
 

芳澍ブログ

芳澍ブログ >> 記事詳細

2017/07/14

思い出した想い出

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局 小野(事務主任)

先日、とあるホールで開催された、コンサートに行ってきました。
名を聞けば、おそらく知らない人はいないくらい、有名な永遠のアイドル。
たまたまチケットを手にすることになり、妻と一緒に参加してきました。
特にファン・・・というわけではありませんが、世代で言えばど真ん中。
歌える曲は、たくさんあります。

席はだいぶ後ろのほうでしたが、1階アリーナ席で、ほぼ正面。
しかもセンター通路があったので、見通しは抜群でした。
飾られた舞台はもう、「華やか」の一言!
「夢の国」らしさで言えば、某テーマパークに匹敵すると思うほどです。

今年でデビュー37年目だそうですが、
ステージを走り回る姿は、若かりし頃と全く変わりません。
むしろ集ったファンのほうが高齢化している・・・かな。
アップテンポの曲ではスタンディングとなりますが、バラード曲では「さ、座りましょ。」
そんな会話さえ聞こえてきますから(笑)。

それでもエンディングは全盛期のヒット曲メドレーで、
およそ3万人の観客が総立ち! もう大合唱です!
まさに大量の「元気」を分けてもらえた・・・そんなライブでした。


帰りの電車。
頭で懐かしのメドレーがリフレインしているなか、ふと気が付いたことがありました。
それは、いわゆる「曲」と「想い出」の紐付けです。

10代後半から20代・・・。
進学を諦め、就職を決意したこと。
故郷を離れ、東京での一人暮らしが不安だったこと。
慣れない仕事に折れそうな心を、周りの皆が支えてくれたこと。

そんな、もうずーーーと昔の出来事が、ちょうどその頃に流行った曲によって、
私の年表から鮮明に引っ張り出されてきたのです。

いつのまにか一足飛びに今の年齢になっていた気でいましたが、
振り返れば、確実に一歩ずつその年月を生きてきたのですね。

そして私自身が忘れていただけで、
ちゃんと自分の中では、毎日「日記」が綴られている・・・。

電車の窓に映る自分の姿を見て、今こうやって
日々生かされていることが、とてもありがたく思えました。



さて。 関東の梅雨明けも例年だとあと1週間ほど。
そのあとは猛烈な暑さになるかもしれませんが、せめて心は、風通し良くまいりましょう。


   夏は扉を開けて  fresh!  fresh!  fresh!

                                   
 


10:00 | 投票する | 投票数(10)
の動画


 学校生活の様子を一部紹介いたします。
 
詳細オプション


チャンネル選択
すべて
日付(新しい順)

2012ピースセミナーダイジェスト
10:7

投稿者 副校長 平野再生回数 273回投票数 0票
ルパン3世のテーマ
2:43

投稿者 Web管理者再生回数 359回投票数 0票