芳澍女学院情報国際専門学校
〒166-0012
東京都杉並区和田1-3-20
Tel.03-5340-2700
Fax.03-5340-2710

アクセスマップはこちら
 
トップページ>芳澍ブログ
 

芳澍ブログ

芳澍ブログ >> 記事詳細

2022/12/19

祝福の季節

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局 小野(事務主任)

ポインセチアは、その赤や緑や白という色から、
また、その形状がキリストにまつわる「星」に似ていることなどから、
クリスマスを象徴する植物として定着してきました。
現在、芳澍の玄関でも、小さなポインセチアが冬の日差しを浴びています。

ポインセチアの場合、赤く色づいた部分が花と思われがちですが、
正確には、それらは苞(ほう)と呼ばれる部分で、
その苞の中央にある、小さな粒の集まりが、実は花になります。

また、この時期、街のいたる所で見かけるため、
寒さに強い植物と思われがちですが、実は結構寒がりで、
気温10度以下で育てるのは難しいと言われています。

更に、成長の段階から色づいていると思われがちですが、
実は短日植物と言って、日照時間が短くなることで
初めて綺麗な赤色に変わっていきます。
室内灯や街灯などでいつまでも明るい場所では、そのままなんですよね。

これらの「〇〇と思われがちですが、実は〇〇なんです。」という
話からもわかるように、ポインセチアは、
生育の「見た目」と「その背景」には、大きな違いがあります。

ある意味、人も同じですね。
いつも明るく振舞っていても、人知れず心に辛い悩みを抱えていたり、
ブスッと不機嫌にしていても、本当は誰かに思いを聞いてもらいたかったり・・。

もちろん、言われなければ分からないこともありますが、
芳澍の学生は、何となくそんなことにも気づいてあげられる、
優しい面が多いように思います。
いつも誰かの役に立ちたい、寄り添ってあげたい、
そんな風に思っているからでしょうか。

ポインセチアの花言葉の中に「祝福」があります。
『幸福を祝う』
とても素敵な響きですね。

みんなの幸福を心から祈り、祝いながら、
今年一年の終わりを感謝で送りたいと思います。


  


10:00 | 投票する | 投票数(6)
の動画


 学校生活の様子を一部紹介いたします。
 
詳細オプション


チャンネル選択
すべて
日付(新しい順)

2012ピースセミナーダイジェスト
10:7

投稿者 副校長 平野再生回数 285回投票数 0票
ルパン3世のテーマ
2:43

投稿者 Web管理者再生回数 375回投票数 0票