芳澍女学院情報国際専門学校
〒166-0012
東京都杉並区和田1-3-20
Tel.03-5340-2700
Fax.03-5340-2710

アクセスマップはこちら
 
トップページ>芳澍ブログ
 

芳澍ブログ

芳澍ブログ >> 記事詳細

2021/08/06

8月6日 8時15分

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 中川(寮生担当)

皆さま、こんにちは!

今年も一段と暑い夏がやってまいりました!

 

本日、86日は広島に原爆が投下された日です。

 

いつもと変わらない朝を迎えたと思っていた矢先、

午前815

一変に世界が変わってしまうことを誰が予想できたでしょうか。

 

私は、中学の修学旅行で広島平和記念資料館に初めて訪れた際に

展示されている数々の資料を見ながら絶句したのを今でも覚えています。

このような事が実際に起きたのだと理解するまでに時間がかかるほどでした。

 

ある方の手記に

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

混乱の中、私は親戚の家を目指し、中山峠へと向かった。

その道行きで、市外へと逃げる何千人もの人たちとすれ違った。

 

けが人だらけだった。

やけどと膿だらけの人、

爆風で目玉が飛び出てしまった人、

体や口から内臓が飛び出ている人、

そういう人がたくさんいた

 

歩いていると、突然誰かに足首をつかまれた。

『お嬢さん、水をもらえませんか?』

私はその手を払いのけて

『ごめんなさい、ごめんなさい!』

と言うしかなかった。

恐怖でいっぱいで、そのまま逃げ出した

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


このお話を拝読して、この方がどんな想いで手を払いのけたのか、

どんなに恐怖でいっぱいだっただろか、

そして、足首をつかんだ方も、どんな想いで足をつかみ言葉を発したのか…

考えれば考えるほど言葉では表すことが出来ない感情になりました。

 

戦争は人々から1日で全てを奪い、命が助かった後も恐怖の連鎖が続いていくことを

今を生きている私たちが深く知り、未来で同じことを繰り返さないように
努めていくことを忘れてはいけないと思いました。

 

今ある、あたりまえの日々に感謝し、

今日も心から祈りを捧げたいと思います。


12:00 | 投票する | 投票数(2) | その他
の動画


 学校生活の様子を一部紹介いたします。
 
詳細オプション


チャンネル選択
すべて
日付(新しい順)

2012ピースセミナーダイジェスト
10:7

投稿者 副校長 平野再生回数 284回投票数 0票
ルパン3世のテーマ
2:43

投稿者 Web管理者再生回数 374回投票数 0票