芳澍女学院情報国際専門学校
〒166-0012
東京都杉並区和田1-3-20
Tel.03-5340-2700
Fax.03-5340-2710

アクセスマップはこちら
 
トップページ>芳澍ブログ
 

芳澍ブログ

芳澍ブログ >> 記事詳細

2019/06/06

食品ロスを減らそう!

Tweet ThisSend to Facebook | by 教務課 島影
 今回は食品ロスについて学んでいきたいと思います。
 皆さんに質問です。日本では、1年間でどのくらいの量の食品が捨てられていると思いますか?(以下消費者庁HPより)
 

 食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。
 日本では、年間2,759万トンの食品廃棄物等が出されています。このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は643万トン。
 これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(平成29年で年間約380万トン)の1.7倍に相当します。
 また、食品ロスを国民一人当たりに換算すると”お茶腕約1杯分(約139g)の食べもの”が毎日捨てられていることになるのです。「もったいない」と思いませんか?

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/education/
消費者庁HP「食品ロスとは?なぜ食品ロスの削減が必要なの?」より引用

 日本では「食品ロス」を減らそうと国が動き出し、5月24日に「食品ロス減推進法」が成立しました。
 食品ロスを減らすために、「国民運動」として国、地方公共団体、事業者、消費者が一体となって取り組む必要がある、というのが政府の方針です。
 「食品ロス」を出さないために私自身が心がけていることは、
 ①必要以上に買わない。
  「〇本で〇〇円!」というまとめ買いのお得に惹かれて買っても、食べきれずに
  腐らせてしまうことがあります。それを防ぐためにも必要な分だけ買うようにしています。
 ②フードシェアリングのサービスを使う
  「TABET(タベテ)」というアプリがあります。これは 飲食店や小売店での売     
  れ残りをユーザーに紹介・案内するサービスです。売れ残りをなくし、お店の売
  り上げが上がり、消費者は安く買えるという一石三鳥のサービスです。これを今   
  後も利用していきたい思います。

 皆さんはどんな取り組みをしていますか?


10:00 | 投票する | 投票数(5)
の動画


 学校生活の様子を一部紹介いたします。
 
詳細オプション


チャンネル選択
すべて
日付(新しい順)

2012ピースセミナーダイジェスト
10:7

投稿者 副校長 平野再生回数 282回投票数 0票
ルパン3世のテーマ
2:43

投稿者 Web管理者再生回数 371回投票数 0票