芳澍女学院情報国際専門学校
〒166-0012
東京都杉並区和田1-3-20
Tel.03-5340-2700
Fax.03-5340-2710

アクセスマップはこちら
 
トップページ>芳澍ブログ
 

芳澍ブログ

芳澍ブログ
12345
2017/09/09

開校記念日

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局 小山(庶務主任)
9月10日は、芳澍の開校記念日です。

私が芳澍生だったときびっくりしたのが、開校記念日が休みではないこと。
高校までは開校記念日と言えば祝日ったので、
記念日に登校し式典をすることがびっくりしました。

芳澍を卒業してずいぶんたつので記憶は薄れてきていますが、
私はラッキーなことに5周年という区切りの時に在校生だったため、
「置かれた場所で咲きなさい」の著者、渡辺和子先生がお見えくださり
セレニティホールでお話しくださいました。
渡辺和子先生のオーラに惹かれ、その後、著書を何冊も読みました。


先日、過去の資料を整理してたら開校準備の資料を発見いたしました。

学校名の候補、たくさんのロゴマークの案、スクールカラーのアンケートなどです。
こうやって、ひとつひとつ思いと願いが今の芳澍となっているのだと思いました。

本日は、一日早い開校記念日。
式典の中で卒業生がたくさんの思いを語ってくれています。

芳澍は卒業後、年数が経てば経つほど「芳澍の経験が生きてくる」と
思える学校です。



昨年より開校記念日には、美味しい記念品が!
今年は紅白のかもめの玉子です(*^_^*)
10:00 | 投票する | 投票数(2)
2017/08/31

ナツノオモイデ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 郷原(寮担)

学生の皆さんが夏休みの間、私も夏休みをいただきました。

在学中にお世話になった実習先の女の子
Yちゃんと連絡を取っていたところ…

「長野に来ませんか?」と!!!!!!

その一言で早速バスを予約し、日帰りで長野に行ってきました!

 

まずは実習でお世話になった方々にお会いできご挨拶を。

2年前の懐かしい記憶が蘇り、温かい気持ちになりました♡


それでは戸隠へレッツゴー!!

こちらが奧社へと続く参道です!

樹齢400年を超える杉並木だそうですよ!!

空気が美味しいし、歩くだけでパワーが湧いてきました(*^O^*)

 

 

行きは恵みの大雨絵文字:小雨

帰りはキラキラの太陽絵文字:晴れ

「雨も晴れも味わえて良い思い出に残るね~」

なんて話しながらいっぱい自然を感じてきました(*^O^*)

 

 

奧社と中社のご朱印もいただました(*^O^*)

 

 

おみくじ引いたり、戸隠そばを食べたり、

運良く有名な若手俳優さんにお会いしたりとか…♡

 

とても楽しくて充実した1日となりました~!!
出会いに感謝です絵文字:ハート絵文字:ハート

芳澍生の皆さんもこれから素敵な出会いが待っていると思います絵文字:星

いまから楽しみですね~絵文字:重要絵文字:重要

 

それではまた~!


10:00 | 投票する | 投票数(7)
2017/08/30

遠回りした経験も・・・

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 一井(寮担)

只今学生は夏季休暇中です。

みなさんはどんな夏休みを過ごしていますか?

 

私が学生のときは、家でゴロゴロしすぎて、夏休み終盤になり、

もっと親のお手伝いをすれば良かったと後悔し、泣きながら帰寮しました・・・。笑

そんな後悔がその後の帰省の過ごし方を有意義にしてくれています。

 

この夏も帰省し、Aさんとお話をしました。

Aさんは、同じ教会出身で、芳じゅ生のときの1つ下の後輩です。

学生のときは、隣のお部屋で、地元と方言が恋しいと、

よく私のお部屋に来てくれていました。

 

今でもたまに東京に来てくれたときに、会ったりしているのですが、

ガッツリ話をしたのは卒業して初めてだったかな?

Aさんは卒業してから色々経験して、色んな気持ちになったことを話してくれました。

 

その話を聞いて、以前聞いたことのある言葉を思い出しました。

ざっくり言うと、

顔も名前も、親も子もちょうどいい

幸も不幸も喜びも、悲しみさえもちょうどいい

歩いた人生は、悪くもなければ良くもない

一見遠回りしたような経験も、自分にとってはちょうどいいんだなーっと

Aさんの話を聞いて感じました。


10:00 | 投票する | 投票数(4)
2017/08/25

夏休み

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 小園(寮担)

こんにちは!
明日は某テレビ局の24(TWENTY FOUR)が始まるので、夏も大詰めを迎えたんだなぁと感じます。

皆さんは、どんな夏を過ごされましたか?
私たち寮生担当も、夏休みをいただき、先週、実家に帰省してきました。

先週の東京は、雨が続いていて、八月なのに肌寒い日もあったようでしたが、
私の実家、鹿児島は、ちゃんと夏を迎えており、とっても暑い日々でした。

沖縄の食べ物として有名になったゴーヤ・・・鹿児島ではというか、実家では“にがごり”と言っていますが、毎日食卓に出ていました。
東京でも売っていますが、母が漬け物にした物が恋しく、最近、少し寂しさを感じます。
10:00 | 投票する | 投票数(6)
2017/08/24

久々の里帰り

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 金森(学年主任)

今日は早くも8月24日です。
昨日、甲子園では埼玉代表の花咲徳栄が初優勝しました。
在校生の母校なので勝手に身近に感じ、嬉しく思いました。

さて、今年のお盆は本当に久しぶりに実家に帰省をしました。
子供たちが社会人になる前だったので10年以上もご無沙汰していましたが
卒業以来会っていなかった高校の同級生に会えることになり
やっと帰ることにしました。

その間両親が遊びに来てくれたり、団参に来たときに会ったりしていたので
そこまで思っていなかったのですが、
今回東京に戻るときに母が
「駅まで行くと余計に別れを感じるからここで見送るよ。」
と言ったのを聞いて、急に自分が母にかけていた寂しい思いの大きさを知らされ、
言葉が出ませんでした。
日頃から明るく屈託の無い母が言った言葉だけに重さが違ってました。

いつも電話で「いつでもいいから遊びにおいで!」と言われていたのに
何かと理由を作っては先延ばししてきたことに申し訳なくなりました。

学生の皆さんは今地元にいるだけでどれほどかの親孝行をしていると思います。
残りの時間も、自分や周りの人のために心残りが無くなるほど、どうぞ費やしてください。


   
                  
10:00 | 投票する | 投票数(6)
2017/08/16

日々が輝く種(^^)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 佐藤(庶務)

芳澍生も夏休みに入り、2週間が過ぎました。みなさん、元気にしていますか。

前期は、勉学に行事に検定に一生懸命取り組んだみなさん!!
心身共にリフレッシュし、
91日に会いましょう(^^)

 

先日、教会で青年第一課程教育の講師のお役を頂き、「十二因縁」の研修を行いました。

十二因縁については、何をポイントにすればいいのかよくわからなかったので、西尾課長さんに教えて頂きました。

その中で最も心に残ったのは「行為は残る」「過去、現在、未来でつながっており、現在の行為で未来は変わっていく」ことです。

 

そのことを自分の人生に置き換えたとき、芳澍の2年間は、朝夕のご供養はじめ規律正しい生活習慣、気持ちを大事にしてくれる仲間、教えにそって導いてくれる恩師、一つ一つの出来事が種となり、今の幸せにつながっていると感じました。

 

卒業して20数年が経つ中で、職場や家庭やお役のなかで、素直に自分の気持ちが出せたり、相手に寄り添えたり、日々に感謝できるときが自分の生きるエネルギーになっています。

芳澍があったからこそ、いのちが本当に喜ぶときを感じると思います。

帰省中に、芳澍に出してくれた両親に、感謝の気持ちを伝えてきます。

    

 


10:00 | 投票する | 投票数(6)
2017/07/21

学生の様子。

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 千葉(学級担当)
1年生にとっては芳澍での初めての定期試験、深夜まで
勉強をして試験に臨んだ学生、仲間と一緒に励まし合って
勉強した学生etc、ちょっとお疲れモードですが、夏休みと
いうキーワードが皆を支えているようです。
夏休みを前に「心と身体の健康を考える」という授業の中で、
性感染症について学ばせていただきました。自分を守るこ
とはもちろん、友だちのことを心配し学んだことを伝えよう
としている学生の感想を聞かせて頂き、学びを日常生活に
活かそうとする学生に拍手です。


 



10:00 | 投票する | 投票数(3)
2017/07/14

思い出した想い出

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局 小野(事務主任)

先日、とあるホールで開催された、コンサートに行ってきました。
名を聞けば、おそらく知らない人はいないくらい、有名な永遠のアイドル。
たまたまチケットを手にすることになり、妻と一緒に参加してきました。
特にファン・・・というわけではありませんが、世代で言えばど真ん中。
歌える曲は、たくさんあります。

席はだいぶ後ろのほうでしたが、1階アリーナ席で、ほぼ正面。
しかもセンター通路があったので、見通しは抜群でした。
飾られた舞台はもう、「華やか」の一言!
「夢の国」らしさで言えば、某テーマパークに匹敵すると思うほどです。

今年でデビュー37年目だそうですが、
ステージを走り回る姿は、若かりし頃と全く変わりません。
むしろ集ったファンのほうが高齢化している・・・かな。
アップテンポの曲ではスタンディングとなりますが、バラード曲では「さ、座りましょ。」
そんな会話さえ聞こえてきますから(笑)。

それでもエンディングは全盛期のヒット曲メドレーで、
およそ3万人の観客が総立ち! もう大合唱です!
まさに大量の「元気」を分けてもらえた・・・そんなライブでした。


帰りの電車。
頭で懐かしのメドレーがリフレインしているなか、ふと気が付いたことがありました。
それは、いわゆる「曲」と「想い出」の紐付けです。

10代後半から20代・・・。
進学を諦め、就職を決意したこと。
故郷を離れ、東京での一人暮らしが不安だったこと。
慣れない仕事に折れそうな心を、周りの皆が支えてくれたこと。

そんな、もうずーーーと昔の出来事が、ちょうどその頃に流行った曲によって、
私の年表から鮮明に引っ張り出されてきたのです。

いつのまにか一足飛びに今の年齢になっていた気でいましたが、
振り返れば、確実に一歩ずつその年月を生きてきたのですね。

そして私自身が忘れていただけで、
ちゃんと自分の中では、毎日「日記」が綴られている・・・。

電車の窓に映る自分の姿を見て、今こうやって
日々生かされていることが、とてもありがたく思えました。



さて。 関東の梅雨明けも例年だとあと1週間ほど。
そのあとは猛烈な暑さになるかもしれませんが、せめて心は、風通し良くまいりましょう。


   夏は扉を開けて  fresh!  fresh!  fresh!

                                   
 


10:00 | 投票する | 投票数(9)
2017/07/07

 今回のムーミンのお話は?

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 伊東(学年主任)


今回のムーミンのお話は、
 「ムーミンのおともだち」   
                                                     
葉っぱのイラスト素材62

森と海と山にかこまれた緑の谷間にムーミンたちは住んでいます。
この物語の
季節は、今の時期とは少し違いますが、
秋になって、ムーミン谷の皆は冬支度を始める頃のお話です。

いつも、ゆかいに仲間と過ごしていたムーミンでしたが、
冬が来る前に、スナフキンが暖かい南の国へ旅に出る支度を始めます。
みどりの帽子をかぶり、いつも音楽を奏でてくれる
スナフキンと会えなくなる・・・・・・
ムーミンは、それがかなしくて、・・・・・・

冬、たくさんの雪に覆われしまう谷、
お家を持たない
スナフキンは、
春になったら戻ってくると

ムーミンに約束しますが、ムーミンは・・・・・・・
さみしいさを感じながら野原を歩いていると、
かみに飾るお花を探して歩いている、スノークのお嬢さんと出逢います。
ムーミンもいっしょに探しますが、春のようなお花は見つかりません。
植物のことを良く知っているヘムレンさんから、植物はいまは準備をしていると教えてもらいます。

スノークのお嬢さんと森を歩いていると、
さなぎがひとりぼっちでぶらさがっているのを見つけ、助けようとします。
「さなぎは寒くなきゃいけないの。そうじゃなきゃ、つよい蝶になれないの」
と、ミイから怒られます。

ムーミンがお家に帰ると、
ママがチューリップの球根をうえていました。
ムーミンは不思議に思い、ママにたずねます。
「どうして、わざわざこれから寒くなるなるときに うえるの?」
ママは、
「ちゃんと冬をおしえてあげなくちゃ 春がきたって わからないでしょ」

ムーミンは そっと自分に言い聞かせました。
「春になれば、スナフキンだって帰ってくるんだ」
ムーミンは、スナフキンが旅から帰ってくるところを思い浮かべました。
すると、なんだか少しずつたのしくなってきました。

次に日、ムーミンはスナフキンのところに朝早く行きました。
「春になったら、また会おうね」

そして、スナフキンが自分で作った歌をプレゼントしてくれました。

いつもいっしょにいなくても、きみはぼくの大好きなともだち 
♪♪

冬の寒さ、友達との別れ、そういう辛いことがあるからこそ強く、豊かに生きることができる…。

ムーミンのやさしさにつつまれました。
辛いこともあるけど、その辛さが春にまた会える喜びも与えてくれる、
辛いことが、自分をやさしくしてくれる。
矛楯してるけどほんとうのこと。
絵本だけど、おとなの心も暖めてくれます。
そんな心が暖まる話し、芳澍でも あるある・・・です。

頑張っているとき、そっと肩に手をかけてくれるクラスの仲間、
我慢していた涙がこぼれてしまう 瞬間 (*^o^*)
そんな光景、さいきん見かけました。
見ている人の心がほっこりです。                        
                                                                           葉っぱのイラスト素材62

次回は、「ムーミンの不思議」にしようと思っています。
青い海の水をすくっても、青い水はすきとおっています。
目に見えているのに、見えないのはなぜでしょう?


10:00 | 投票する | 投票数(9) | その他
2017/06/29

光祥さまとの結縁のつどい

Tweet ThisSend to Facebook | by 教務課 篠崎

6月26日に「光祥さまとの結縁のつどい」がありました。

 

私は記録写真を担当していました。

光祥さまが来られるまでの学生の待っている様子は、とてもにこやかで、楽しく待っている様子をビデオで撮ることができました。

光祥さまとの対話では、学生が疑問に思っているさまざまなことを光祥さまに質問していました。光祥さまは丁寧に時間をかけ、時には笑いありの楽しいお話をされていました。


私はビデオカメラで録画を行っていましたが、楽しく話しを聞く事ができて、とても良かったです。学生たちがとても良い表情をしていたのが印象的でした。

 

学生に「楽しい信仰の心」が生まれるといいと思いました。
10:00 | 投票する | 投票数(6) | 行事
12345
の動画


 学校生活の様子を一部紹介いたします。
 
詳細オプション


チャンネル選択
すべて
日付(新しい順)

2012ピースセミナーダイジェスト
10:7

投稿者 副校長 平野再生回数 271回投票数 0票
ルパン3世のテーマ
2:43

投稿者 Web管理者再生回数 358回投票数 0票