芳澍女学院情報国際専門学校
〒166-0012
東京都杉並区和田1-3-20
Tel.03-5340-2700
Fax.03-5340-2710

アクセスマップはこちら
 
トップページ>芳澍ブログ
 

芳澍ブログ

芳澍ブログ
12345
2023/01/28new

教会実習も折り返し

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 鈴木(学級担当)

前回のブログに引き続き、教会実習の話題です。

学生たちは教会実習を半分過ぎたころから、「補講」という名の中間確認会をオンラインで行います。

久々に会う学生たちの表情はみんなイキイキとした笑顔ばかり。

 

「実習の様子を聞かせてください」と伝えると、次々と体験したエピソードやその時感じた思いが、ダムの堰から大量に放出される水のように溢れてきます。

 

コロナ禍前の動きとは違う現場の体制のため、2年間分の経験の実践例を実習先に共有しているので、年々工夫が凝らされ、また本人の願いや目標にマッチングした内容をご準備くださり、聞くたびに嬉しさと感動に満たされます。

 

これまで「“人間教育”の学びは、寮生活での人間関係の“実践”に活かす」と学んではいるし、それぞれのペースでの成長の変化がありました。

しかし実習では、人生の先輩たちから豊富な経験談や思いを聞かせて頂くことで、「あれはこういうことだったのか!」という納得感が違い、成長の度合いが格段に飛躍することを実感します。

そして、普段とは違った役割やポジションに立つことで、見えていなかった世界が見えてきます。

一人ひとりが描いた目標にピッタリなご縁のもと、慣れない環境での試行錯誤からどんな味わいと学びを得て学校に戻ってくるのか、報告会が楽しみです。

 

私も学生からの刺激を受けて、共にステップアップしていきます!


10:24 | 投票する | 投票数(2)
2023/01/20

教会実習がはじまりました

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 小平(寮担)

こんにちは(^^)/

寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、芳澍生は1月15日より、教会実習が始まりました。

今年は、1年生は出身教会、2年生は近隣の教会へ行かせていただいております。

また、2年生は寮から実習先へ通っており、芳澍としても初の試みです!

2年生たちは、普段の寮生活とは違い、それぞれの実習班ごとの生活リズムとなりますので、まだまだ慣れない様子も見受けられますが、元気よく楽しそうに過ごしています。

 

芳澍の醍醐味といっても過言ではない教会実習。

約1ヶ月間で、学生たちがどんな学びをいただいてくるのか、とても楽しみです!


10:00 | 投票する | 投票数(3)
2023/01/13

教会実習ご指導会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 川本(庶務)
先日、教会実習ご指導会がありました。
今年度は、1年生が自教会実習、2年生が在京での教会実習のため
1年生は自宅から参加、2年生はセレニティホールでのハイブリッドで
実習ご指導会が行われました。


ご供養から始まり、校長先生の年頭法話かみしめや
寮担さんが実習を体験寸劇でしてくだる「まろやかフォーラム」
2年生の経験談を聞き、仏さまへ誓願をお誓いし、
最後は学生課長さんから励ましの言葉をいただきました。


2年生から1年生へのメッセージの中で、「失敗しても大丈夫」や、
「一人で抱え込まず教会の方や私たちに相談してみて」という温かい言葉を
聞き、実習を経験している先輩の言葉は、とても心強いなと感じました。

1月15日~2月12日まで、それぞれの場所で実習に励まれる皆さんに
学校からエールを送りたいと思います。
私も自分のいる場所で、精進できるよう務めたいと思います。





【一般選抜試験のお知らせ】

日  程:B日程 2023年2月8日(水)8:45~15:00
     C日程 2023年3月8日(水)
8:45~15:00

実施方法:オンライン(Zoom
実施場所:所属教会
連  絡  先:TEL 03-5340-2700

申込〆切:各日程の1週間前となります。
     詳細につきましては、募集要項をご確認下さい。
     お手元にない場合は本校までご連絡下さい。

皆様の受験をお待ちしております。


10:00 | 投票する | 投票数(2)
2022/12/23

今年最後のドミトリーデー

Tweet ThisSend to Facebook | by 学生課 内海(寮担)

12月22日は今年最後のドミトリーデーでした!

 

午前中は寮の大掃除、午後は学生企画でレクレーションをしました。

ですが、午前中は雨が降っており気温も低く本当に寒い中、それでも学生は冷たい水を使って効率の良いお掃除をしていました。担当の掃除場所が早く終わった人は、終わっていない掃除場所を手伝い、そんな学生みんなの助け合いでいつもより早く大掃除の時間が終了しました。私は寮で美化の担当をさせていただいているのですが、自分達で考え協力して動いている学生みんなには感謝しかありません。掃除中、館内放送で音楽をかけているのですが、今回はクリスマスソング尽くしで、時には歌声が聞こえながら楽しくお掃除していました♪

午後の学生企画のレクでは、今年の最後に1・2年生みんなで楽しく体を動かしたレクをしていました!企画者の学生から「楽しみにしていてください!」と言われていた学生のみんな、本当に楽しんでいました☆

 

明日は終業式です。24日からは冬休みが始まり、今年度ももう終わりに近づいて来ていますが、私たち寮担で最後まで全力で学生のサポートさせていただきます。みなさまも暖かく見守っていてくださいませ♡


12:00 | 投票する | 投票数(5)
2022/12/22

12月19日 月曜朝礼より

Tweet ThisSend to Facebook | by 教務課 岡原

石田校長より佼成1月号のかみしめがありました。

 

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、
何を定めたのかを忘れないように文字にしておいて、
目に付くところに貼っておくという努力も必要なのかもしれません。
ちなみに元旦と元日の違いを知っていますか。
元日って、一月一日のこと。
元旦の旦は、「日」の下に「一」がありますよね。
この「一」は、地平線を表しています。
元旦は、「一月一日の朝」のことを言うんだそうですね。
「一年の計は元旦にあり」という言葉は、
昇ってくるお日様に「こういう一年にしよう」と誓うのが、
日本人が大事にしてきた習わしだったのかもしれません。

 

さて、私たちは、もともと元気な存在で、
全てのものと調和しながら健やかにいられるはずなのに、人のことを責めてみたり、
不平不満を抱えたりして、自分自身で元気をなくしてしまいます。
元気がないのは人のせいではなく、自分のせいということになるのだと思います。

だからこそ、六波羅蜜の利他の行が大事で、車でいえばガソリンの役割かもしれない。
利他の行が自分の元気を増してくれるものになる。
本当の健康の利得を受け取るには、会長先生が一年かけて教えてくださった、
六波羅蜜の実践ということです。

 

今年も10日余りになりましたが、一年を締めくくると共に、
来年をどう過ごしていくのかを大事に考えていけたらと思います。

11:30 | 投票する | 投票数(4)
2022/12/22

12月19日 月曜朝礼

Tweet ThisSend to Facebook | by 教務課 岡原

芳澍女学院では、合同朝礼から一週間が始まります。

心静かに自分を見つめ、祈りを捧げる時間です。

 

〇今週の内容

・ご供養

・校歌斉唱

・導師挨拶

・佼成1月号かみしめ

 

ご供養は、ウクライナ情勢の平和的解決に向けての祈願をさせていただいています。

導師は教職員、脇導師は2年生がお役を努めます。

陀羅尼もあげますが、脇導師の学生は一所懸命練習し、見事にお役を果たしてくれます。

11:30 | 投票する | 投票数(4)
2022/12/20

12月12日 月曜朝礼より③

Tweet ThisSend to Facebook | by 教務課 岡原

学生の「佼成12月号を拝読して」の発表後、校長先生からお話がありました。

【抜粋】

 

Bさんかみしめ〉

「誰かの役に立ちたい」と思うのは、誰かがいてくれるからそう思える。
その誰かは、好きな人たちだった。
ということは「持ちつ持たれつ」ということ。
目の前にいる人の大切さ、大事さが深まってくると、自分の優しい気持ちも深まってくる。
そうなると、良い方に歯車がどんどん回転していく。
その根底は「みんなが大好き」という感情。
そういう感情が持てるって幸せなことだと思うし、
言葉にできるBさんが素晴らしいと思います。
仲間との心の繋がりを作っていく上では、凄く大事な感情だと思いました。

 

Cさんかみしめ〉

期待すると、裏切られて嫌になるから期待しない。
私にもそういう時期がありました。
期待をしないということは、いい加減に思うこととは違うと思っていましたが、
今になって考えると、知らず知らずのうちに投げやりになっていたり、
責任を放棄するような場面があったのかもしれない。

Cさんも、自分自身を振り返って、素晴らしい内省をしていると思いました。

 

一年間、皆さんの領解を聞かせていただきました。
皆さんが感じていることを発表してくれることで、私たちが気づくことがいっぱいあって、
ありがたく思っています。

15:00 | 投票する | 投票数(4)
2022/12/20

12月12日 月曜朝礼より②

Tweet ThisSend to Facebook | by 教務課 岡原
佼成12月号を拝読して 2年生Cさん

私にとってのスイッチはチャンスです。
「悔しい」と思うからこそ自分が努力して、継続して、成長するチャンス。
「不満」を思うからこそ、相手にどう伝えるかを考え、
相手と向き合って自分の思いを出すチャンス。

同期と目標決めの中で、自分ばかりを削るのではなく、
みんなで良くしようとすることで私も幸せになり皆も幸せになる。
波と同じで自分が良いことをすると、波紋のように周りに良い影響が伝わる、
そして波は自分にも返って来る。
それと同時に自分が悪い影響をもたらすことをしたならば、
皆にも影響し、自分に倍になって返って来る。

自分の思い、行動が他へ大きく影響すること。
だったらいい影響を出して自分に返ってくる方が一石二鳥だと思うと、
価値観の違いがあった際に、
受け止めつつも自分も受け止めてもらえるように
まずは自分が相手にどうアプローチをするか試していきたいと思いました。

14:30 | 投票する | 投票数(4)
2022/12/20

12月12日 月曜朝礼より①

Tweet ThisSend to Facebook | by 教務課 岡原
佼成12月号を拝読して 2年生Bさん

「人さまと、ともに幸せに」私はこのお言葉を聞いた瞬間、自分の後期を振り返りました。
なぜなら、後期が始まってから様々なことがあり、私は「誰かの役に立ちたい」とも
「目の前の人を笑顔にしたい」とも思えなくなっていたからです。

思いは確かにあるのに行動したいとは思えない心の温度差にイライラしてばかりでした。
みんなにはたくさんしてもらってばかりなのに、少しも大切にしようとしない、
何一つ返そうとしない自分がひどく汚く感じ、
申し訳ない思いとそれでも行動に移したくない自分とがせめぎあっていました。

私はみんなが大好きだから、見返りを求めず行動できること。
私はたくさんの人が愛して育ててくれたから、
恩返ししたいと思える心を持っているのだと気づかせていただきました。

後期も、たくさんの笑顔をありがとう。
勝手にイライラしちゃってごめんなさい。
またみんなが大好きな私に戻れてよかった。
だって私はみんなが大好きだから。
みんなが大好きな私にしてくれてありがとう。

14:30 | 投票する | 投票数(3)
2022/12/20

12月12日 月曜朝礼

Tweet ThisSend to Facebook | by 教務課 岡原

芳澍女学院では、合同朝礼から一週間が始まります。

心静かに自分を見つめ、祈りを捧げる時間です。

 

〇今週の内容

・ご供養

・校歌斉唱

・導師挨拶

・佼成12月号を拝読しての領解の発表(2名)

・校長先生からのお話

・表彰、検定合格証書授与

 

ご供養は、ウクライナ情勢の平和的解決に向けての祈願をさせていただいています。

導師は教職員、脇導師は2年生がお役を努めます。

陀羅尼もあげますが、脇導師の学生は一所懸命練習し、見事にお役を果たしてくれます。

14:30 | 投票する | 投票数(3)
12345
の動画


 学校生活の様子を一部紹介いたします。
 
詳細オプション


チャンネル選択
すべて
日付(新しい順)

2012ピースセミナーダイジェスト
10:7

投稿者 副校長 平野再生回数 285回投票数 0票
ルパン3世のテーマ
2:43

投稿者 Web管理者再生回数 375回投票数 0票